*

所得保障のCMの違い

   

最近、生命保険業界で新しいブームとなりつつある

「所得保障保険」

CMの違いが保険会社の姿勢の違いのように感じます。

 

こんにちは、インプレッション・ライティングのソメヤケンタです^^

 

 

今日は最近CMで話題の

「所得補償保険」

を考えてみたいと思います。

 

 

所得補償保険とは、

ケガや病気で長期にわたって

就業不能になった時に、

所得の一部を保障してくれる

そういう保険です。

 

今までは病気やケガでの

通院や入院、手術などの

医療費の保証のみでしたが、

法律改正の余波を受けて、

所得減少分を保障する

保険も登場しているようです。

 

 

その保険のCMで対極的といえるのが

住友生命の「1UP」

アフラックの「給与サポート保険」

の2種類。

 

他の生保さんでも同じようなプランを

出しているところもあるのですが、

目立つのがこの2社なので。

 

思いっきり直球で

「出ない給料をどうするのよ!」

と渡辺直美が言うのがアフラック。

あくまでも保険プラン内容を

前面に押し出したタイプの

ダイレクトレスポンス的

CMと言えるかもしれません。

 

一方、スミセイの方は

まだ20代前半の若い人(菅田将暉)

が保険に興味を持った、

そのシチュエーションから

若い人の関心を引く保険って

一体なんだ?という視点で

CMを作っているように思います。

 

生活保険というらしいですが

これはいわゆるイメージCM

類になるんだと思います。

若い人と生命保険は

だいぶ縁遠い存在ですから、

その部分を教育しているんでしょうね。

 

同じタイプの保険でも

それぞれの会社の意図する

客層やその客層の関心度の違いなど、

ペルソナの違いが大きなイメージの

違いにつながる好例のように思います。

 

CMもこういう視点で見ていくと、

「なるほどな~、だからこの人を使うのか」

みたいなこともあって、

とても面白いですね!

Comments

comments

Follow me!

メルマガ「ひとり起業.LAB 12STEPプログラム」

今あるアイデアを仕事にして起業する!
ひとり起業のスタートアップをサポートします

 - ライティング, 仕事