*

美しいコピー、それは諸刃の剣

   

コピーライターは、商品を売るために

躍起になって美しいコピーを書きたがります。

そう、まるでCMのイメージ広告のように・・・

 

3行で顧客の心をつかむ!

インプレッション・ライティングのソメヤです。

 

今日は私の実体験から得た教訓をもとに、

本当に必要なコピーライターとしての

資質についてお話ししたいと思います。

 

飲食店でコピーを書く仕事をさせてもらい、

もう8年ほどになりますが、

最初のころはポスター制作から

商品画像に合うコピーを考えていました。

 

商品の写真というのは、

ポスターでは肝にあたりますから、

とうぜんどうおいしく見せられるか、

シズル感(※)のある画像を見せるか、

それが重要でした。

※シズル感=みずみずしさ、顧客が空想しやすい写真

 

その「美味しそう」をどう表現するか、

言葉で訴えかけるにはどうすればいいか、

それをいつも考えていました。

 

自分が顧客だったら・・・と考えて考えて、

最後、採用するのはイメージを沸かせる言葉。

つまり画を「見せる」ではなく、

言葉を「魅せる」言葉になってしまっていました。

ミイラ取りがミイラになる、ではないですが、

言葉の素晴らしさにライターが魅了されるという、

一種のタブーにぶち当たったわけです。

自分の言葉に酔ってしまう、そんな感覚です。

 

その時のプッシュした商品は

入口や路面に向けてに大々的に販促を打ちましたが

まったく売り上げにつながりませんでした。

製作した分(当時は自作でしたが)マイナスになる

ような、そんな売れ行きでした。

(確か、前月比で88%程度だったと記憶しています)

 

この時感じたのは、自分が心地よいと思うコピーは

お客様からすれば右から左に流れるような

そんなコピーになっているということです。

風景文字といえばいいのでしょうか?

 

コピーライターの仕事は当たり前ですが、

自分のコピーで商品を売ること。

それを肝に銘ずる非常に大切な勉強でした。

 

ちなみに、その広告は翌月作り直し、

売り上げアップにつながりました。

 

やはりコピーの力は偉大です。

Comments

comments

Follow me!

メルマガ「ひとり起業.LAB 12STEPプログラム」

今あるアイデアを仕事にして起業する!
ひとり起業のスタートアップをサポートします

 - ライティング