*

書評 「ユダヤ人大富豪の教え」本田健

   

この本一冊で個人事業主としてのマインドセットを学べます。

 

横浜の自宅より

 

おはようございます、ソメヤです。

2003年に初版を発売した

「ユダヤ人大富豪の教え」

という本をご紹介します。

ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣 (だいわ文庫)

新品価格
¥700から
(2016/6/12 18:33時点)

この本は著者の実体験をもとに

執筆された自己啓発書ですが、

今までのお金持ち像を変化させる

きっかけになるかもしれません。

 

お金持ちというと、

どうしても成金を想像しますが、

この本で出てくる大富豪は

そのイメージとは正反対です。

 

もっと言うと、大富豪というのは

ビジネスを仕組化して正しく取り扱う

という、よく考えると

至極当たり前のことを追求できるか、

ということに視点を向けている点で

起業する人のマインドセットに

向いているのではないかと思います。

 

詳細は本当に読んだ方が早いですが、

中の文章で最も印象的だったのが

「人は人を喜ばせた分だけ

 お金を受け取れるようになっている」

という一文です。

 

立場によっても喜ばせ方は違う。

一従業員としてならそれに見合ったもの、

ショップのオーナーならそれに見合い、

ショッピングモールの経営者なら・・・

といった具合にです。

 

一従業員として喜ばせるというのは

直接的には非常にわかりやすいのですが、

看板の下に集まる人を喜ばせる、

つまりその看板や商品ありきで始まるのです。

 

一方、フリーで働く人間は

自分で看板を作り、自分で商品を作り、

それを喜ぶ人を集めて喜ばせるのですから、

当然見合うだけのお金を受け取れる、

ということです。

 

そんな当たり前のことですら

結構忘れがちになるものなので

ちゃんと覚えておくべき知識だな、

と思いました。

 

喜ばせる、ということにこだわることも大切。

そこにフィーチャー出来なかったら

自分の商品価値はありません。

 

どれも一人で仕事するには

すごく大切な教えです。

サラリーマンとの違いに

改めて気づきました。

 

どう頑張れるかを改めて可視化して

歩を進めていく決意になりました。

Comments

comments

Follow me!

メルマガ「ひとり起業.LAB 12STEPプログラム」

今あるアイデアを仕事にして起業する!
ひとり起業のスタートアップをサポートします

 - 書評