*

素直な子供のような気持ち

   

先入観に惑わされて、諦めることだけ早くなってはいけない。

 

横浜の自宅より

 

こんばんは、ソメヤです。

 

突然ですが、

最近無理だと思ってあきらめたこと

いくつありますか?

 

私は最近諦めたことがあります。

180cmの身長を手に入れること。

いろいろ方法を考えてみたのですが

どうやっても難しいことが分かりました。

 

まぁ、これは仕方がないですかね^^;

 

では、自分の生活で諦めたことは?

私は、今のバイト生活と

お願いされたことを断ること。

もちろん、現状生活するには、

ということですが。

 

それでいて、時間がないとか

体力が足りないとか、病気がとか。

頭の中でいっぱい考えて、

やっぱりむりだなーとか思って、

一つ一つ諦める作業をしているよう。

 

子供の頃ってどうやったら出来るかを

ずっと考えていたように思います。

砂場でお城を作るにはどうしたらいいか、

ブロックでビルを作るにはどう組み立てるか、

ボタンと豆電球を組み合わせて、

案内板みたいなものを作ったこともありました。

(確か小学校の時で、表彰された記憶があります)

 

いつから、出来ることを、

考えることを止めてしまったのか。

先入観というバイアスが

いつから自分にブレーキをかけたのか。

 

知識が人を成長させ、

知識は人にブレーキを与える。

社会は人を文化的にし、

社会は人に制限を与える。

 

気づいたら自分は社会の奴隷に

なっていたのかもしれません。

 

「出来る」ことを考えるには。

考えることを止めることじゃないかと思います。

考える時間を切り替えて、

出来ることをピックアップして

可能性を書き出す時間に。

 

それだけでも出来る可能性を

1%、10%、50%追求できる。

諦める必要があるのかだけでも

考えることが出来る。

 

諦めなくてよいなら

どうやったら実現できるかを

書き出して追求する。

 

そうすれば、今までギブアップしていた

いろんなことが実は実現可能で、

しかも意外と近いところにあるかもしれない。

そうなれば幸せじゃないですか?

 

子供のころの純朴な気持ちを取り戻せ!

自分にもそう言い聞かせています。

Comments

comments

Follow me!

メルマガ「ひとり起業.LAB 12STEPプログラム」

今あるアイデアを仕事にして起業する!
ひとり起業のスタートアップをサポートします

 - お役立ち, ライフスタイル